忍者ブログ
息子”RING”が生まれて100日記念にはじめた育児日記。いまは息子がもう一人”honey”が加わり4人家族の大事な育児日記。
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日で

*script by KT*
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
mai
性別:
女性
自己紹介:
mai34歳
2005年12月に誕生した息子ring
2008年3月に誕生した息子honey
最愛の夫maa  の4人家族
ブログ内検索
オススメ&お得な情報
delivikingでちょっとずつ好きな物 今なら送料300円でOk!
楽天ブックス送料無料キャンペーン実施中!
maiのお買い物広場♪
Logo_red_120x60
モマオンラインストアにウォーホールの作品入荷中!
PR
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

妊娠し女性の身体は多くの変化がみられます。この変化は妊娠や出産が人それぞれのように人によってかなりの違いがあると思います。今回は多くの人が経験する尿漏れについて。
私も何度か経験したのが軽い尿漏れです。はじめはとてっもビックリして恥ずかしい気持ちになりましたがよく考えれば当たり前のことだったと思います。妊娠も後期に入りおなかもかなり大きくなってからでしたが突然くしゃみをした時に何度かありました。妊娠中私はとってもトイレが近く夜中も何度となくトイレへ行っていました。大きなおなかに膀胱が圧迫されているためです。ただ出産後はくしゃみをしても大丈夫になりました。
もう1つパターンがあるようなのでついでに載せておきます。産後に尿漏れ。これは産院でも説明があったのですが出産することにより筋肉にダメージがあったりとなんらかの影響で尿漏れしてしまうことがあるというお話でした。これに関しては筋肉を鍛える体操をするetc・・・ケアをしたほうがよいとのことでした。
このように妊娠・出産を経験するとともに身体にも変化とダメージがあります。尿漏れというと少し恥ずかしいことですがきちんとした理由があるのでそのケアをしていくことが大切になってくると思います。私の場合夫maaにも「今日、くしゃみしたらオシッコもれちゃった、」と自分の身体の変化を伝えておきました。妊娠中は心も身体も大きく変化して行きます。1人で悩んだりしないよう参考にして欲しいと思います。またあんまりひどいときには産婦人科の先生に相談するのも1つだと思います。

今現在気になっている方にサンプルを提供しているサイトをみつけたました。おりものシート等でも対応できると思いますがその量等によっては専用のもののほうがよい場合もあると思います。よかったら参考にしてください。ちなみに私も妊娠中はサンプルを試しましたが使用感はほとんどおりものシートと変わりありませんでした。たぶん吸収量とか消臭効果が高いのだと思います。
サンプルは

PR
入院日数は出産の状況によって異なってきます。私の場合5日でした。普段使っているものを詰め替えたり5日分のサンプルを用意するのも大変だだし万が一入院が長引く可能性もあるので2週間使えるアテニアのトライアルキット購入しました。ポーチがついていてるのファンデなど最低限必要なものをまとめて入院準備のバックに入れておきました。

基礎化粧品4種(化粧水・乳液・クリーム・洗顔)がそろっていて肌にも優しいので敏感な私の肌でも問題なかったです(トライアルセットなので内容もその人の肌状態に選べます)。2週間分となっていますが実際は3週間強位は使っていました。化粧水・乳液は可もなく不可もなくというのが正直な感想ですが出産直後なのであまり負担にならないものを探していた私には、クレンジングもついていたのでとってもお得で安心してつかえました。ひとつ不満を言えば冬場の使用のためクリームがやや少なかったように思えたことくらいでしょうか。

入院準備に基礎化粧を探している方や妊娠によって肌質が変わってしまった方など1度試してみたらよいと思います。


ちなみに入院中はみんなお化粧はしていていませんでしたよ。
入院中、おやつの時間を使ってミルクの指導?がありました。どんな名前だったか忘れてしまったのですが希望者のみ森永の栄養士さんが来て母乳やミルク等についてお話をしてくれます。30分くらいの短い時間ですが、はじめてのお子さんの場合聞いておくと良いかと思います。母乳で”育てよう”と思っていてミルクの話は・・・と思う方もいるかもしれませんが、自分が母乳で育てよう!と思ってもうまく母乳が出ない場合やどうしてもミルクを与えなければならないときもあると思います。また、産後(直後)は自分の時間はほとんど取れないので、吸収できる情報はできるだけ得ていたほうがいいと思います。それに不安なこと等あれば質問することもできます。メリットとしてはその場で小さなミルク缶2個、育児日記等がもらえます。私は母乳で育てて今4ヶ月ですがミルクをあげる機会が数回ありその時はこちらで頂いたものを飲ませています(そんなに回数がないので買うほどではないようです)。その後も何か悩んでいることがないか数ヶ月に1回TELがあり相談にのってもらえます。
妊婦健診等にかかった費用をまとめてみたところ私の場合10万2570円(薬代含む)、分娩入院費用が45万3880円、総額55万6450円でした。

健診費用
<0~23週>
・4週に1回妊婦健診               
・10~12週頃に血液検査(血液型、血糖、貧血、風疹、梅毒検査、
          BおよびC型肝炎、ATLA、HIV) -約10000円
・20週前後にクラミジア検査、子宮ガン検診、内診 -約10000円
<24~35週>
・2週に1回妊婦健診
・27~29週頃に血液検査(不規則抗体、貧血)、内診、膣内の細菌検査 -約5000円
                         
<36~40週>
・毎週妊婦健診                        

・36週頃に血液検査(貧血) -約7000円
・37週頃にモニター(赤ちゃんの心拍検査)、内診 -約7000円   
・38週以降尿検査(胎盤の機能検査) -約10000円

★36週までは毎回超音波検査
★健診終了後は毎回次回の予約を取ります、その際気になっていること等 相談もできます。

私は途中貧血の症状が出たため、薬(鉄剤)を数回処方されました。1回の健診のみの費用は基本的には5000円です。その人によって多少の誤差はありますが順調な場合で(私の出産した吉田レディースクリニックでは)10万前後の費用がかかるようです。 

分娩入院費用
45万前後(2人部屋での料金、差額室を利用の場合は差額室料が発生します。) 
ちなみにわたしは一人部屋を4日利用(差額室料1日3000円)しました。分娩出産費用は、実際の入院や出産のタイミングによって(休日、時間外料金等)かなり費用にばらつきがあるようなので多めに準備されることをオススメします。
出産当日、ずっとそばにいてくれた。
これがわたしの希望でした。とてもわがままなのぞみだと分かっていたけれど、「立会いでなきゃ、産めない」と言ったわたしの希望を渋々受け入れてくれた夫maa。馬鹿みたいだけれど赤ちゃんが出てくるなんて物理的に無理があると思うとやっぱり怖かったし、RINGが生まれてくる痛みと感動をできれば共有してほしかった。彼が一緒にいてくれたらがんばれる、と思った。当日夫maaは、病院へ着いてから陣痛室では私の陣痛が来るたび痛い腰をさすってくれました。ずっと、ずっと励ましてくれた。分娩室に入ってからも私の左手をギューっと力強く握りまるで彼のパワーが左手を通して私の中に入ってくるよな気がしました。もちろん陣痛がきている私も大変でしたが痛みを実際には感じず、私を励ます彼もまたとても大変な時間だったと思います。本当にそばにいてくれた夫maa”ありがとう”では言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱいです。本当にこころから。

RINGが誕生した夜、彼は「mai、感動したぞ」とメールをくれました。なかなかメールこないなぁと思っていたら、よっぽどうれしかったらしく、いろんな友達に写メを送ってたらしいです(そんなことすると思わなかったのでとっても意外でした)。夫maaもパパとなった感動の一日となったんですね。

ちなみに翌日となりで出産後やすんでいたママさんに「maiさんのご主人がいきんでる声が聞こえてきたよ~、ご主人が出産してるのかと思った-(笑)」と言われました。夫maaもホント一緒にがんばっていたんだなと感じる一言でした。
朝3時30分少し腰とおなかが痛い気がして目を覚ました。妊娠後はいつも眠りが浅く、トイレも近く2~3回は夜中に起きていた。”気のせいかな、予定日だから気になってるのかな、”と思いとりあえずトイレそしてリビングへ。でもなんだか落ち着かない。痛みがひいたのでまたベッドへ戻った。でもやっぱりまた痛い。もう一度起きてリビングへ、今度は時計で時間をチェックする。なんともうすでに15分おきに痛みが来る。絶えられないほどではないが夫maaを起こしに寝室へ行くが夫maaは爆睡中。彼のからだを揺らし(声をかけたが全く反応なかったので)「maaさん、陣痛きたみたい。」はじめ夫maaは明らかに寝ぼけていた。そのうち陣痛の痛みが強くなりきている時はうずくまるようになった。産院へtelすると「はじめてだからもう少し様子みようか、」とあっさり言われる。わたしもtelしたことで少しホッとして「はい」なんて・・・ でもやっぱり痛い痛い痛い朝6時か7時前までうなりながら我慢><。その間シャワーを浴びたみたいだけれどよく覚えていない。よく覚えているのは陣痛で痛みを堪えているよこで夫maaが実は寝ていたこと。またtelすると「受付が8時30分くらいに開くから、朝ごはんを食べるか途中で買ってその時間に合わせて入院の準備を持って来てください」とのこと。時間外になるのを避けてくれたみたい。
陣痛の痛みと痛みの間を縫うように着替えをしてなんとか車に乗り込んだ。でも病院まで30分弱の道のり、もちろん車の中でも陣痛が・・・助手席に後ろ向きになってシートにしがみついていた。途中ミニストップに寄り
食料を夫maaが調達。たぶんそれほど長い時間ではなかったんだろうけれど私にはとても長く感じ「早くしてよ~」と思って一人車シートに突っ伏してブツブツ言っていた。
病院へつくと・・・いつもの外来(当たり前だけど)。待合の患者さん達がちょっと私に驚いてチラッとみていた。看護婦さんに「telもらってたmaiさんですね~、まず診察するからね~」と赤ちゃんの心音をはかり(これは覚えている)、診察をした(ような気がする)。結局そのまま陣痛室へと向かった。
忍者ブログ [PR]