忍者ブログ
息子”RING”が生まれて100日記念にはじめた育児日記。いまは息子がもう一人”honey”が加わり4人家族の大事な育児日記。
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日で

*script by KT*
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
mai
性別:
女性
自己紹介:
mai34歳
2005年12月に誕生した息子ring
2008年3月に誕生した息子honey
最愛の夫maa  の4人家族
ブログ内検索
オススメ&お得な情報
delivikingでちょっとずつ好きな物 今なら送料300円でOk!
楽天ブックス送料無料キャンペーン実施中!
maiのお買い物広場♪
Logo_red_120x60
モマオンラインストアにウォーホールの作品入荷中!
PR
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

心配していたRINGの卒乳。
でも案外あっさりとできました。第2子を授かりRINGへの授乳は早くやめたほうが・・・と婦人科でお話されました。というのもおっぱいへの刺激があると子宮の収縮を促してしまうため時として流産の危険性が出てしまうから。
「来月はおっぱい止めようね~」とたまたま話していたのが前月で本当に止めることが必要になった。

いつで最後にしよう・・・と何度も考えたあげく日中好きなだけ吸わせて本人が止めるのを待つことにした。

その日は「今日でおっぱい終わりだからね~」と言って午前中におっぱいの時間をつくった。

おっぱいを飲む前にRINGには
・今日でおっぱいはおしまいのこと
・ママのおなかにRING・papa・mamaの大事な赤ちゃんを授かりRINGがおっ ぱいを飲むことは赤ちゃんに負担がかかること
・みんないつかはおっぱいから離れていくこと
をお話しした。

ベッドの上で楽しそうにおっぱいを飲みはじめたRING。ゴロゴロしながら大好きなおっぱいをしばらく飲み続けた。どれぐらい時間がたったのかわからないけれど気づいたらおっぱいはしぼんだ感じになっていた。
そんなとき夫maaがたまたま部屋にやって来た。RINGはちょっとはずかしそう、でもまだおっぱい・・・て感じ。
そのうちおっぱいが出なくなったようで自然にRINGは離れていった。
「もうおっぱいいいの~?」と聞くと「うん、いいの~」
なんだか思ったよりあっけない卒乳となった。

PR
これから絶えなくなると思われるRINGの初すり傷は夫maaの職場駐車場でした。
走って走ってぐるぐるぐるぐる回るうちスッテンコロRING。気づいたら手から血が出ていました。本人は全く痛がる様子も泣きもせず元気いっぱい。赤ちゃんだったRINGも気づけばいつしか子どもへと大きく変化を遂げていたことを実感させられました。やさしい顔つきのせいかよく女のこに間違えられるRINGですが力強い動きや豪快なはしゃぎっぷりはどこから見ても男のこです。

近じか、おうちが建ち引越しをするわたしたち。いろんなトラブルやら忙しさ、心の落ち着かなさで更新をサボってましたがまた再開しようと思います。

今回、おうちが建つ(まだ完成してませんが・・・)までたくさんのトラブルに見舞われました。でもRINGがいてくれたおかげでどれもこれも前に進むためのステップ・勉強だと思い進んでこれました。無邪気なRINGの笑顔や安らかな寝顔にどんなにはげまされたか知れません。わたしたちにこんなにも大きな力を与えてくれるRINGがいるこの大事なじかんを日々大切にしていかなきゃとおいう思いでいっぱいです。
昨日からRINGのオッパイ回数を減らすように心がけています。RINGは現在1歳3日ケ月ですがホントしょっちゅうと言っていいほど私のオッパイくっついています。最近は飲むのかと思いきや口に含んで舐めてニヤッ~と笑いかけその後吸う。本当に飲みたいのかただくっつきたいのかかなり微妙なときが多々あります。おまけにRINGの卵アレルギーがわかってちょうど1年近い今まで私は(その後判る乳アレルギーやピーナッツも含め)RINGのアレルギーと思われる物質ははほとんど完全除去状態でなんとなく私自身の体力・体調に不安を感じはじめていたのです。そして「おっぱいしょボーンてなっちゃうよ!
」という友人の一言
。本当はRINGが欲しいうちは・・・と思っていたんだけど限界を感じる今日この頃。
とりあえず日中は1回を目標におっぱいタイム。昨日そして今日は何とか「ッぱい」と言われてもほかのことでRINGの気をそらし乗り切りました。
当分日中1回、あとは夜の寝るときそして就寝中のみになるようがんばってみようと思います。
昨日は夫maaの職場へ行って、途中RINGが飽きてしまったので職場近くの公園へ行きました。
結構寒い日だったので公園のなかを少し自由にあるいたらRINGも満足するかなあ・・・なんて軽い気持ちで向かうと2,3人の子どもとお母さんがいました。はじめRINGをつれてブランコへ。小さい揺れはまあまあ、でも大きい揺れは怖いみたいでそぐに降りてしまいまいした。RINGにとってやっぱり気になるのは砂場で遊ぶ子ども。遊具よりなにより子どもが気になる。構いたい。RINGより大きい子どもの輪に侵入して結局道具を借りて砂場で遊びました。その後なんどか滑り台に上がって滑って、初めての公園はブランコ・砂場・滑り台遊びをしてきました♪
どのお母さんも子どもと一緒に砂場遊びグッズを名前を書いて袋に入れ持参していました。行った事がなかったのでちょっと勉強になった感じ。今度行くときには何か持って行けるといいな!
最近のRING
イタイイタイ
の連発。ふーっ。うちの中でも外へ行っても
イタイイタイ。気に入らないとこう言って訴えてくる。たぶん自分の気持ちを言葉にして伝えようとしている成長の一過程なのに私が疲れているせいか「あ゛~、まただ・・・」と思ってしまう。もう少し気持ちをゆったりしてRINGに接してあげたいのに。このなんともいえないストレス感、解消したいよ~。
RINGが生まれ、RINGとの日々 忘れていた気持ちが蘇るような感触がある。大人になってしまったからか大人の不利をしているからか、素直に喜んだり楽しいと感じたり、自分の感じかたに自信がもてないときがあった。でも、RINGを見てると本能のっままって感じでいつもわがまま放題。うれしいときは笑い溢れんばかりの笑顔、イヤなときは顔一杯くちゃくちゃしわしわにして叫びジタンダ。いつかもちろん人間として、ひととして我慢したり自分の気持ちを抑えたりしなくちゃいけないときがこのこにもやって来る。でもほんとの自分の気持ちをちゃんと自分でわかって感じてなきゃいけない。あたしも今までお休みした時間の分もうほんの少し自分の気持ち前に出して生きたい。
忍者ブログ [PR]